トップ > コース紹介 > スタートアップデザインコース > 講師紹介

講師紹介

コースコーディネーター メッセージ

コースコーディネーター 立川 智也

世界をより良くするために働き、個人としても幸せに生きていくということ。それは主体的な意思決定を積み上げることであり、そのための考える力・心構えを身につけていただく場が本プログラムです。東工大CUMOT 初となる20 代の社会人対象のプログラムで、女性の方にもおすすめできる内容となっております。受講生の皆様がポジティブな一歩を踏み出せるよう、微力ながらお手伝いさせていただきます。

講師紹介

講師 担当講義 経歴等
石山恒貴

雇用システムのパラダイムシフトとパラレルキャリア

法政大学大学院 政策創造研究科 教授
仙石慎太郎 イノベーションとロジカルシンキング

東京工業大学 環境・社会理工学院

技術経営専門職学位課程 准教授

藤沢 烈 社会のために働く

一般社団法人RCF
代表理事

西田亮介

日本社会の構造を知る

東京工業大学
リベラルアーツ研究教育院 准教授
奥田浩美 挑戦し続けて、ワクワクしながら生きる

株式会社ウィズグループ
代表取締役

濱田 真里 活躍の舞台としてのアジア なでしこVoice 代表
ABROADERS 代表
田辺孝二 キャリアのスタートアップに必要な心構え

東京工業大学 名誉教授
元技術経営専門職学位課程教授

新居 日南恵 子育てとキャリアのこれから

株式会社manma 代表取締役

諏訪 康雄 働き方の未来とキャリア権 SRC代表 
法政大学 名誉教授
佐々木 紀彦 特別講義 リベラルアーツがキャリアを拓く NewsPicks編集長
立川智也 受講ガイダンス よすが株式会社代表取締役社長
※平成28年度実施の担当講師一覧はこちらにてご確認できます

講師プロフィール

立川 智也
よすが株式会社代表取締役社長

2009年早稲田大学理工学部経営システム工学科卒。2011年東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科技術経営専攻(現 環境・社会理工学院 技術経営専門職学位課程)修了。
旭化成を経て、2014年よすが結婚相談所(現 よすが株式会社)を創業。
慶應義塾 福澤諭吉記念文明塾 第三期修了生。


石山 恒貴
法政大学大学院 政策創造研究科 教授

一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科経営情報学専攻修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻博士後期課程修了、博士(政策学)。
一橋大学卒業後、日本電気(NEC)、GE(ゼネラルエレクトリック)、バイオ・ラッドラボラトリ−ズ株式会社執行役員人事総務部長を経て、現職。人材育成学会理事。
主な論文:Role of knowledge brokers in communities of practice in Japan、 Journal of Knowledge Management、 Vol.20 No. 6、2016. 
主な著書:『パラレルキャリアを始めよう!』ダイヤモンド社、2015年、 『組織内専門人材のキャリアと学習』生産性労働情報センタ−、2013年、他。


仙石 慎太郎
東京工業大学 環境・社会理工学院 技術経営専門職学位課程 准教授

1996年東京大学理学部卒。
2001年東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻修了、博士(理学)。
2001年よりマッキンゼー・アンド・カンパニーにおいて、ヘルスケア部門のコンサルティング・研究活動に従事し、2005年退職。
2005年より潟tァストトラック・イニシアティブにおいて、バイオ・ヘルスケア分野のベンチャー企業に対する投資育成活動に従事(2007年退職、現在非常勤)。
2008年より京都大学産官学連携センター准教授、2009年4月より物質−細胞統合システム拠点(WPI-iCeMS)准教授・主任研究者。
2014年9月より東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科准教授。2016年4月より環境・社会理工学院准教授。


藤沢 烈
一般社団法人RCF 代表理事

1975年京都府生まれ。一橋大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て独立し、NPO・社会事業等に特化したコンサルティング会社を経営。東日本大震災後、RCF復興支援チーム(現・一般社団法人RCF)を設立し、情報分析や事業創造に取り組む傍ら、復興庁政策調査官、文部科学省教育復興支援員も歴任。現在、総務省「地域力創造アドバイザー」も兼務。
著書に『社会のために働く 未来の仕事のリーダーが生まれる現場』(講談社)、共著に『東日本大震災 復興が日本を変える-行政・企業・NPOの未来のかたち』(ぎょうせい)、『ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論』(朝日新聞出版)、『「統治」を創造する新しい公共/オープンガバメント/リーク社会』(春秋社)


西田 亮介
東京工業大学
リベラルアーツ研究教育院 准教授

社会学者。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。博士(政策・メディア)。専門は公共政策の社会学。情報と政治、情報社会のジャーナリズム、無業社会等を研究。1983年京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。同助教(有期・研究奨励U)、(独)中小機構経営支援情報センターリサーチャー、立命館大大学院特別招聘准教授などを経て、現職。著書に『不寛容の本質』(経済界)、『メディアと自民党』(角川書店)、『ネット選挙 解禁がもたらす日本社会の変容』(東洋経済新報社)ほか多数。


奥田 浩美
株式会社ウィズグループ代表取締役

鹿児島生まれ。インド国立ボンベイ大学(現州立ムンバイ大学)大学院社会福祉課程修了。1991年にIT特化のカンファレンス事業を起業し、数多くのITプライベートショーの日本進出を支える。
2001年に株式会社ウィズグループを設立。2008年よりスタートアップと呼ばれるITベンチャーの育成支援に乗り出し、スタートアップのエコシステムビルダーとしての活動を開始。2013年には過疎地に「株式会社たからのやま」を創業し、地域の社会課題に対しITで何が出来るかを検証する事業を開始。地域と海外を繋ぎ、新しい事業を生み出す活動も行っている。
委員:情報処理推進機構(IPA)「IT人材白書」検討委員、「未踏IT人材発掘・育成事業」審査委員、総務省「地域情報化アドバイザー」
著書:会社を辞めないという選択(日経BP社)、人生は見切り発車でうまくいく(総合法令出版)、ワクワクすることだけ、やればいい!(PHP出版)


濱田 真里
なでしこVoice 代表
ABROADERS 代表

大学3年次に1年間休学をし、世界22カ国を旅する。2011年に世界で働く日本人女性の情報サイト『なでしこVoice』を立ち上げ、現在までに700人以上を取材。
2012年に早稲田大学を卒業後、13年にアジアで働きたい日本人の応援サイト『ABROADERS』を立ち上げ、編集長として活動。
内閣府アジア・太平洋輝く女性の交流事業調査検討委員会委員。
マレーシア駐在を経て、現在はタイ拠点にて発信中。


田辺 孝二
東京工業大学 名誉教授
元技術経営専門職学位課程教授

1975年京都大学理学部卒。2003年東京工業大学社会理工学研究科博士後期課程修了、博士(学術)。
1975年より通商産業省においてイノベーション政策、アジアIT協力などに従事し、2003年退職。2004年島根県民ファンドを創設。
2005年4月より東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科教授。
WAA(We Are Asians)代表世話人、ビジネスモデル学会理事、起業家支援財団評議員などの社会活動。


新居 日南恵
株式会社manma 代表取締役

東京都出身。1994年生まれ。2014年に「manma」を設立。2015年1月より学生が子育て家庭の日常生活に1日同行し、生き方のロールモデル出会う体験プログラム「家族留学」を開始。家族を取り巻くより良い環境づくりに取り組む。内閣府「結婚の希望を叶える環境整備に向けた企業・団体等の取り組みに関する検討会」構成員。日本国政府主催WAW!(国際女性会議)2016 アドバイザー。NewsPicksプロピッカー。慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科在学。


諏訪 康雄
SRC代表 
法政大学 名誉教授

1947(昭和22)年東京生まれ。現在、法政大学名誉教授。専門は、雇用政策、労働法。
一橋大学、東京大学大学院、海外留学(イタリア政府給費留学生)、ニューサウスウェールズ大学客員研究員、ボローニャ大学客員教授、トレント大学客員教授などを経て、法政大学大学院教授、労働政策審議会会長、中央労働委員会会長などを歴任。
最近の主な著作に、『雇用政策とキャリア権:キャリア法学への模索』(弘文堂、2017年)
「労働者の主体的なキャリア形成を支援する法的課題」(DIO327号、2017年)、「キャリアとは:法学の観点から」(日本労働研究雑誌681号、2017年)、「『キャリア権』を意識した企業施策の考え方〜これからの人事管理」(ビジネスガイド842号、2017年)、「働き方の未来とキャリア権」(ビジネスレーバートレンド2017年8・9月合併号)、「The Present Situation and Issues of the Labour Commission System」, Japan Labor Review, Vol.12, No.4, 2015、「雇用政策の方向性」(日本労働研究雑誌663号、2015年)


佐々木 紀彦
NewsPicks編集長

1979年福岡県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、スタンフォード大学大学院で修士号取得(国際政治経済専攻)。東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2012年11月、「東洋経済オンライン」編集長に就任。2014年7月から現職。最新著書に『日本3.0』。ほかに『米国製エリートは本当にすごいのか?』『5年後、メディアは稼げるか』の著作がある。