トップ > コース紹介 > CUMOT×STAMP連携プログラム > コーススケジュール

コーススケジュール

スケジュール(平成29年度)

木曜(一部隔週)19〜21時 田町キャンパス707教室 開催

回数 日程 学習テーマ 担当 経歴等
- 11/9 受講ガイダンス 古俣 升雄 東京工業大学 環境・社会理工学院
CUMOT特任助教
1 11/16

グローバル市場変化に対応した新たな事業戦略と競争力強化策

〜日立「社会イノベーション事業」における医療機器事業の推進〜

三木 一克

元 株式会社日立メディコ

代表執行役 執行役社長

2 11/30

技術の創出と経営の判断

〜通信技術と携帯電話の新たな市場の創出〜

潮田 邦夫

元 株式会社NTTドコモ

常務取締役法人営業本部長

3 12/7

新興国の事業展開のポイント

〜川喜田二郎氏直伝の問題解決ツール「KJ法」の活用〜

岡部 聡

元 トヨタ自動車株式会社

専務取締役

4 12/14

新しい時代の研究開発とそれを生かすための技術経営

〜オープンイノベーションを実のあるものにするためには〜

上田 新次郎

元 株式会社日立プラントテクノロジー

代表取締役副社長

5 1/11

技術に立脚した経営

〜新規技術が未来を変える〜

神永 晋

元 住友精密工業株式会社

代表取締役社長

6 1/18

新規事業の開発・導入から発展へ

〜Suicaの開発と導入 ICカードの国際調達紛争 Suicaの情報システム〜

井上 健

元 東日本旅客鉄道株式会社

常務取締役鉄道事業本部副本部長

7 2/1

事業再生を実現する経営の現場

戦略・ビジョンの役割と経営現場の危機管理

中村 房芳

元 株式会社IHI

代表取締役副社長

8 2/8

日本的精神のプロジェクトにおける価値

〜大型・複合・国際化するプロジェクトにおいてプロジェクトリーダーに要求される資質は何か〜

野呂 一幸

元 大成建設株式会社

常務役員 設計本部長

9 2/22

【特別講演】CSR経営

〜持続可能な会社を作るために〜

矢野 薫

元 日本電気株式会社

代表取締役社長・会長

※スケジュールは平成29年7月現在の予定です


事例概要の例(平成28年度)

回数 日程 学習テーマ 担当
事例概要
1 11/16

グローバル市場変化に対応した新たな事業戦略と競争力強化策

三木 一克
本事例は、日立の新事業戦略「社会イノベーション事業」に対応して、関連会社(株)日立メディコにおいて医療機器事業の競争力強化を図った内容である。
2 11/30

技術の創出と経営の判断

潮田 邦夫
本事例は、NTTドコモ社で携帯電話の拡大の転機となったi-mode開発と、ワイヤレスソリューションの世界を広げ、携帯ワールドの基盤つくりを図った内容である。
4 12/14

新しい時代の研究開発とそれを生かすための技術経営

上田 新次郎
本事例は、時代の潮流であるオープンイノベーションを中心にその歴史的必然性、実質的な内容、有効な活用法について日立製作所や日立グループにおける取り組みを参照しながら課題を提起し、新しい時代の研究開発のあり方とそれを活かす技術経営について示す内容である。
5 1/11

技術に立脚した経営

神永 晋
本事例は、中長期的な視点に基づく研究開発と事業化について、社会への実装のためには、技術開発と、その技術を基本とした技術経営との相互の強い連携が必須であることを、実践例に基づいて示す内容である。
8 2/8

日本的精神のプロジェクトにおける価値

野呂 一幸
日本企業が海外で展開する多くの事業・プロジェクトは大型・複合・国際化している。本事例は、大成建設で数多くのプロジェクトで経験したことを紹介し、プロジェクトリーダーに要求される資質は何かについて焦点をあてた内容である。プロジェクトリーダーは、オーナー代理人、オーナーコンサルタント、チーム内国際人材、国際契約書の手続き等、国内では考えられない問題で力を発揮しなければならない。チーム、コンソーシアムをリードするのに必要な人間力は古今東西同じである。こうした中、コスモポリタンとしての存在感を示し信念をもって問題・課題に立ち向かう姿勢が重要となる。